わきがの方が増えているそうです!しかも、自分ではわきがであることに気付きにくいんです・・・あなたはわきがではありませんか??

わきがの遺伝とわきが治療について

イメージ

わきがはひとつの体質なので病気ではありませんが、強烈な臭いを発するため悩みを抱える人も多いです。

日本人は臭いに敏感な人種であることも影響しています。

 

わきがは、遺伝する確率が高いといわれています。

わきが体質になる遺伝子は優性遺伝のため、両親のどちらかがわきが体質であると、子どもはわきがの特性を引き継いでしまう確率が大きいのです。

確率でいうと、両親がわきが体質の場合はおよそ93%の確率で、片親がわきが体質の場合はおよそ75%の確率で子どももわきがになる可能性があるとされています。

 

わきがの原因はアポクリン汗腺から出る汗です。

わきや陰部、乳首などの特定の場所に多く分布するアポクリン汗腺は、わきが体質の人の場合、数が多いといわれています。

 

産まれた時

アポクリン汗腺の数は生まれたときから決まっています。

脂質やたんぱく質などを多く含むこの汗が、皮膚にいる常在菌によって分解されるときに強烈な臭いになります。

 

症状を改善するわきが治療としては、消臭、抗菌効果のあるクリームや汗の抑制する働きのあるボトックス注射、アポクリン汗腺を除去、破壊する手術といった方法があります。

 

症状の度合いにもよりますが、手術の場合は切開するリスクや高額な費用がかかります。

ボトックス注射は半年ほどの効果ですが、注射を打つだけの治療です。

 

最近は、消臭、抗菌、制汗効果の高いわきが専用のクリームが人気です。

1日1~2回塗るだけでわきがの臭いを気にせず過ごすことができると評判です。