わきがの方が増えているそうです!しかも、自分ではわきがであることに気付きにくいんです・・・あなたはわきがではありませんか??

わきが治療は保険適用になるのでしょうか!?

イメージ

わきがとは、アポクリン汗腺から出る汗が原因だということがわかっています。

その汗はアポクリン汗と呼ばれ、含まれている脂肪や尿素などが皮脂腺から分泌される脂肪酸と混ざり、においが発生します。

 

そもそも臭いはデリケートな問題で、相手のにおいを不快だと感じても、そのことを指摘できる人は少ないです。

自分に置き換えて考えると、誰かににおいのことを指摘されたら強く傷付くことを恐れ、においを指摘することをためらってしまいます。

自分がにおいで悩んでいたとしても、簡単に誰かに相談することも難しいです。

そのにおいがわきがであればなおのこと、たとえ家族であっても打ち明けることはできないかもしれません。

 

わきがに悩んでいる人は、わきが治療を受けることで症状を改善させることができます。

手術

治療には、脇の皮膚を切開し、アポクリン汗腺を取り除くという方法の手術も選択肢に含まれています。

手術を受ける医院によって異なりますが、保険が適応されない自由診療であれば、両脇で一般的には20万~30万ほどの料金がかかります。

しかし保険が適応されれば、両脇で5万ほどと大幅に費用を抑えることが可能です。

保険が適応された保険治療を受けるには、診察した医師が脇のにおいが保険治療に値すると認めることが必要です。

また保険治療の手術方法は、剪除法となります。

剪除法とは、脇の皮膚を切り取らずに裏返し、アポクリン汗腺を取り除く方法です。

どの医院を選ぶのかは、口コミなどを確認して、その医院が保険治療を行っているのかを事前に調べることが重要になります。